レース診断サービス

社労士ってどんな資格?

社労士とは、生活を有利にすることができる資格です。

 

特に、年金や雇用に関するエキスパートと言えるでしょう。

 

そんな社労士の取得は難しく、大変な資格です。

 

今のところは税理士や司法書士の方が知名度が高いのですが、今後、注目されていく資格の一つです。

 

国家資格で難易度が高い分、取得すると活躍の場が広がるでしょう。

 

保険や年金など、自分にも関係することに詳しくなれるために受験を希望する方も多いのですが、事業をしている方も資格取得に力を入れています。

 

事業主は人を雇用することが多いため、雇用問題にも詳しくなくてはなりませんよね。

 

また、事業主の方の良き相談相手になれるのも社労士です。

 

資格を取るのは難しいですが、資格取得者を求めている方も多くいますので、独立する以外ですと、就職に困ることはほとんどありません。

 

また、一度取得すると再試験がないので、ずっと持つことができる資格なのです。

 

年代では30〜40代の男性が多く、若い世代より取得率も高くなっています。

 

社労士の試験は、性別や年齢に関係なく受験できることもあり、近年